横浜で男性脱毛・メンズ脱毛、ひげ脱毛、医療レーザー脱毛なら、横浜中央クリニック

0120-072-545

カウンセリング予約・メール相談

男のムダ毛豆知識

  1. ホーム > 
  2. 男のムダ毛豆知識 > 
  3. 毎日の髭対策 > 
  4. 毛嚢炎の原因は髭の処理

毛嚢炎の原因は髭の処理

掲載日:2015/8/28(金)

folliculitis

ムダ毛を自己処理する際に、肌にばい菌が入り毛嚢炎になることがあります。毛嚢炎にならずにムダ毛の処理をするにはどのようにすれば良いのでしょうか。ここでは毛嚢炎の原因と対策についてご紹介します。

化膿を伴う!? 毛嚢炎の症状とは?

毛嚢炎は皮膚にできた傷に、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が感染することで起こる病気。赤い発疹の中央に、黄白色をした膿が見えるのが特徴で、首の後ろや太もも、お尻などにできることが多いようです。軽い痛みや痒みを感じることがあります。

ムダ毛の自己処理が原因! 毛嚢炎になるワケ

毛嚢炎は多くの場合、肌に傷がついたことがきっかけで起こるようです。肌に傷がつく原因はさまざまですが、代表的なものとしては以下のことが挙げられます。

カミソリでムダ毛を処理する

T字カミソリでの処理は、毛を剃る際に肌も削ってしまいます。肌が削られた部分は傷になりやすいので注意が必要です。

毛抜きでムダ毛を処理する

毛を抜いた後の毛穴は細菌が入りやすいので、気を付けましょう。また誤って毛抜きで肌を挟んだりすることで肌を傷つけます。

ストレスを溜める

ストレスは免疫力を低下させ、肌のバリア機能にも影響が出るために、肌ダメージを受けやすくなります。

放っておいていいの!? 毛嚢炎の治療方法

毛嚢炎になっても痛みを伴わないものであれば、大抵は自然に回復するので、患部を手で触らないように注意しつつ、放置して問題はありません。ただし、痛みを感じる場合や狭い範囲に複数個できているような毛嚢炎は、重症化する可能性もありますから、早めに皮膚科で受診することが大切です。

病院では多くの場合、抗菌薬を使って治療しますが、すでに重症化している毛嚢炎に対しては、切開して溜まった膿を出すこともあります。

ポイントは清潔にすること! 毛嚢炎の予防方法

毛嚢炎は傷に菌が感染して起こる病気ですから、肌に傷をつけないことや、汚れや菌が付かないようにすることが大切です。毛嚢炎を予防するためには、次のことに気をつけましょう。

自己処理するなら電気シェーバーを使用する

T字カミソリや毛抜きは肌へ与えるダメージが大きくなるため、自己処理をするなら電気シェーバーを使うと良いでしょう。電気シェーバーは肌を削らないため、安心して使うことができます。ただし、電気シェーバーであっても毎日しっかりと洗浄をして、メンテナンスを行う必要があります。

肌の洗いすぎに気を付ける

肌のバリア機能を正常に保つためには、石鹸やシャンプーなどはしっかり洗い流す必要があります。ただし、洗いすぎてしまうと、皮脂が過剰に分泌されて、バリア機能の低下を招いたり、表皮ブドウ球菌が過剰になったりしてしまう恐れがあるので、注意が必要です。

ムダ毛の自己処理はやり方によっては、毛嚢炎になってしまう恐れがあります。なるべく肌を清潔に保ち、電気シェーバーを使用するようにしましょう。ただし、それでも発症してしまうことはあるので、毛嚢炎になることを防ぐためには、脱毛クリニックでプロに脱毛をしてもらうことをおすすめします。肌への負担を減らすことはもちろん、事自己処理よりも高い効果が期待できるので、毛嚢炎になることなく、美しい肌を手に入れることができるでしょう。

ヒゲの医療レーザー脱毛

pagetop

カウンセリング予約・メール相談

pagetop

  • エステ脱毛との違い
  • 当院の医療レーザ−脱毛の特徴
  • レーザ−脱毛のしくみ
  • 効果的なレーザ−脱毛
  • ヒゲの 医療レーザー脱毛

横浜中央クリニック

神奈川県横浜市西区北幸1-2-13
横浜西共同ビル 10F
(横浜駅西口より徒歩4分)

GoogleMapで地図を見る

保護者同意書

未成年の方は保護者の同署が必要です。下のアイコンををクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きますので、印刷してご来院下さい。
ダウンロード
保護者同意書をご覧いただくにには、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobeReaderが必要です。
  • 男のムダ毛豆知識