横浜で男性脱毛・メンズ脱毛、ひげ脱毛、医療レーザー脱毛なら、横浜中央クリニック

0120-072-545

カウンセリング予約・メール相談

男のムダ毛豆知識

  1. ホーム > 
  2. 男のムダ毛豆知識 > 
  3. 男の脱毛豆知識 > 
  4. 脱毛したのに逆効果!? 毛が太くなる硬毛化

脱毛したのに逆効果!? 毛が太くなる硬毛化

掲載日:2015/9/11(金)

terminal-hair

レーザー脱毛や光脱毛を行った後に毛が太くなったり、増えてしまったりしたら、それは
硬毛化や多毛化が起きているのかもしれません。脱毛処理において、なぜこのようなトラブルが起こるのでしょうか。ここでは、硬毛化や多毛化の原因と対策についてご紹介します。

どんな違い!? 脱毛後の硬毛化と多毛化

硬毛化と多毛化は脱毛後に起こることがある、毛に関するトラブルです。

硬毛化は、漢字のイメージから硬い毛と思われがちですが、実際は産毛のような細く目立ちにくい毛が、脱毛後に太く目立ちやすい毛に変わってしまう現象のことを言います。

多毛化は、脱毛後に脱毛前よりも多く毛が生えてしまうことです。毛穴の数は脱毛前後で変わることはありませんが、ひとつの毛穴から複数の毛が生えることで、毛が多くなったように感じると言われています。

脱毛の失敗!? 脱毛後に起こる硬毛化と多毛化のワケ

残念なことに硬毛化や多毛化の原因は、まだはっきりと分かっていません。とはいえ、近年多くの医師が有力であろうと考えている要因があるのでご紹介します。

硬毛化も多毛化も、レーザー脱毛や光脱毛を行った際の熱量の加減に原因があると考えられています。レーザー脱毛や光脱毛は熱の力によって毛根を破壊し、毛を生えないようにしますが、この熱の力加減によっては毛根を刺激して、活性化させてしまうのです。

この結果、脱毛後は毛が太くなったり、またある部分では量が増えたりといった現象が起きると言われています。

硬毛化や多毛化が起こりやすい場所は?

硬毛化も多毛化も、産毛が多くある部位で起こりやすくなります。

産毛の生える場所は性別や個人差によっても異なりますが、例えば顔であれば、髭のような太い毛が生えやすい口周りや頬、眉以外の場所である、耳の下から首の後ろ、肩から肘までの間、背中の上部、手の甲などが該当します。

逆に、髭の生えている部分や眉、ワキ、膝下のように毛量が多く太さもあるような部分では、硬毛化や多毛化は起こりにくい傾向にあるようです。

なんとかしたい! 硬毛化や多毛化の予防方法

一度硬毛化や多毛化を起こしてしまった場合も、脱毛を続けるうちに毛根が破壊され、減少することがあります。特にクリニックのレーザー脱毛であれば高い出力で処理することができるので、より綺麗に処理することが期待できます。
クリニックでの脱毛を検討するのであれば、あらかじめ硬毛化や多毛化が起きたときの対応を確認しておくと安心です。

ヒゲの医療レーザー脱毛

pagetop

カウンセリング予約・メール相談

pagetop

  • エステ脱毛との違い
  • 当院の医療レーザ−脱毛の特徴
  • レーザ−脱毛のしくみ
  • 効果的なレーザ−脱毛
  • ヒゲの 医療レーザー脱毛

横浜中央クリニック

神奈川県横浜市西区北幸1-2-13
横浜西共同ビル 10F
(横浜駅西口より徒歩4分)

GoogleMapで地図を見る

保護者同意書

未成年の方は保護者の同署が必要です。下のアイコンををクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きますので、印刷してご来院下さい。
ダウンロード
保護者同意書をご覧いただくにには、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobeReaderが必要です。
  • 男のムダ毛豆知識